暮らし再生プロジェクト 横浜住宅供給公社のまち(団地・マンション)再生 

ACTIVITY | 活動内容

横浜市団地再生支援事業 support

団地再生支援モデル事業とは?

団地再生支援モデル事業とは?

高度成長期に建設された団地は、建物の老朽化や居住者の高齢化、近隣や団地内の商店の撤退など様々な課題が顕在化しています。 この事業は、団地に居住する住民が中心となって、団地の課題や再生に向けた将来像を共有することを目的として、 住民発意の団地再生」を支援する取組について提案を求め、選定された団地へ横浜市が支援を行うものです。

横浜市住宅供給公社による「3つの支援」と「マスタープラン」

横浜市住宅供給公社は、住民が中心となって会議の開催や議論を進めていくことを前提に、
以下の内容について支援を行います。

OPEN YOKOHAMA×横浜市住宅供給公社
        【SUPPORT1】
        団地居住者向けに勉強会(事例紹介、講座等)を実施。
        【SUPPORT2】
        団地の課題や将来像を共有。情報収集、資料提供、コーディネート等を実施。
        【SUPPORT3】
        打合せ内容及び進捗に応じて団地の会合等への参加。
サポート
団地再生の主役「団地居住者」
住民発意
団地再生マスタープラン
「こんな団地にしたい!」
          住民発意のキモチをカタチにした団地再生マスタープラン。

※地域や住民が団地の課題と将来像を共有するための民意のマスタープランです。

平成26年度
建替え・改修等のハード面や子育て・福祉等のソフト面などを総合的に審査し選定!

建築年:昭和43年 住棟・住戸数:62棟 1,300戸

左近山団地(中央地区)

提案内容

中長期的な視点による団地の活性化
  • 緑化再生等、団地の魅力づくり
  • 不動産業者や外部オーナー等と連携した空き家対策
  • 団地内のバリアフリー化等による高齢者対策

左近山団地「ワークショップ」の様子

建築年:昭和47年 住棟・住戸数:3棟 121戸

希望が丘コーポラス

提案内容

管理組合運営の適正化と団地の将来像の検討
  • 建物の将来の方向性の検討
  • 団地内における高齢者対策の検討
  • 管理組合運営や組織のあり方について

希望が丘コーポラス「ワークショップ」の様子

平成25年度
住民発意で再生に取り組む団地を横浜市が選定!

集合住宅団地に居住する住民が主体となって、団地の課題や再生に向けた将来計画の策定を支援していくことを目的として、 団地再生提案の公募を行いました。 このたび、市内7団地の応募の中から、 建替え・改修等のハード面や子育て・福祉等のソフト面など総合的な視点で「たまプラーザ団地」「南長津田団地」の2団地を選定しました。

建築年:昭和43年 住棟・住戸数:47棟 1,254戸

たまプラーザ団地

提案内容

子育て世代を中心に団地の将来像を検討
  • 団地内の歩道や標識・街灯の更新計画の策定、維持管理
  • 歩道に隣接する集会所等の施設の再整備計画
  • 建替えか、このまま住み続けるか、今後の議論の道筋を検討

たまプラーザ団地「ワークショップ」の様子

中央歩道を軸としたまちづくり検討や団地の将来計画の整理など、 取り組んでいきたい内容が分かりやすく整理されていました。 また、子育て世代を含んだ「団地再生検討委員会」を構成するなど検討体制がしっかりしており、 団地全体への取組として広がりを期待される提案として高く評価されました。

建築年:昭和46年 住棟・住戸数:21棟 488戸

南長津田団地

提案内容

住民の活動力を資源に、団地の将来像を検討
  • 災害時の避難拠点として集会所の整備
  • 集会所を拠点とした地域活動の仕組みづくり
  • 改修や建替え等、建物の将来の方向性の検討

南長津田団地「ワークショップ」の様子

団地の課題認識がしっかりなされ、団地の中央にある集会所と公園を核として、 高齢者の生活支援や子育てサポート拠点の整備、避難拠点としての防災機能の充実など、 取り組んでいきたい内容がわかりやすく整理されていました。 また、将来の建替えも視野にいれた再生のステップがイメージされ、住民主体の活動も活発であり、 他の団地の課題解決にも結び付く意欲的な提案として高く評価されました。

PAGE TOP