暮らし再生プロジェクト 横浜住宅供給公社のまち(団地・マンション)再生 

RE:KIBOU | キボウの再生

キボウの再生 community,event

キボウの再生って?

少子高齢化が進み、防災・減災・環境/エネルギーへの配慮が問われる今日、
私たちはこれからの生活をより良くしていくためのターニングポイントに立たされています。
10年先の安心、20年先の環境、30年先の横浜を考えていかなければなりません。
ずっと住み続けたいと想うまち「横浜」。他の街の人々に住みたいと想われるまち「横浜」。
そんな豊かな未来へのキボウを、私たちは暮らし再生プロジェクトを通じで思い描いてゆきます。

私たちは「環境」、「安心」、「横浜」。
    3つの視点でのキボウの再生を考えます。
環境へのキボウ Hope to the Environment

省エネでお財布に優しく、エコで環境にやさしいまち。 これは誰しものキボウですよね。暮らし再生プロジェクトでは、自然環境に配慮したまちづくりの推進や、 エネルギー消費に配慮した設備の導入など、環境へのキボウを大切に取り組んでまいります。

横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業
「みんなのエコプロジェクト」www.y-eco11.com

安心へのキボウ Hope to the Safety

防災・減災への取組はもちろん、お子様にも、お年寄りにもやさしいまちであるために。 暮らし再生プロジェクトでは福祉や教育、医療、介護など様々な面での安心・安全性に配慮し、 誰しもが安心して健やかに暮らせるまちを思い描いてゆきます。

取組のイメージ ※出典:『横浜市住生活基本計画』
「環境に配慮した持続可能な住宅地モデルの構築」

横浜へのキボウ Hope to the Yokohama

横浜市は国から「環境未来都市」として選定されたまちのひとつでもあります。 いわゆる環境問題だけに限らず、超高齢化社会に対応し、かつ、都市の創造性を発揮して活力を生み出す、 バランスのとれた豊かな都市、すなわち「誰もが暮らしたいまち」「誰もが活力あるまち」をつくり出すことを目指しています。

横浜へのキボウ Hope to the Yokohama

私たちは暮らし再生プロジェクトを通して、「横浜」をもっと豊かに、 そして誰もが愛するまち「横浜」を目指してキボウの再生に取り組んでまいります。

PAGE TOP