暮らし再生プロジェクト 横浜住宅供給公社のまち(団地・マンション)再生 

HISTORY | あゆみ

ヨコハマの暮らしと共に歩んだ50年。

横浜市住宅供給公社は、昭和41年の設立以来、良質な住宅の分譲・供給を中心的役割として、横浜市の住宅施策・まちづくりの一翼を担ってきました。
また近年では、都市再開発事業や土地区画整理事業へ積極的に取り組み、全国の地方住宅供給公社の中では稀にみる多くの実績を残しています。
そして、さまざまな地域課題の解決に向けて、介護・医療・福祉などの施設不足対策から大規模災害への備え、少子高齢化対策、生活利便施設の充実、 地域コミュニティ形成まで、あらゆる課題を解決すべく、対策を検討したまちづくりや、賃貸・管理業務を行っています。
また、多様化するニーズに対応できる住空間、多世代が交流できる住環境を整備し、 子どもから高齢者までが安心して暮らせる住まいづくりをトータルでコーディネートできる存在であることを、目指しています。

いつも新しい伝統は、横浜から生まれる

PAGE TOP