暮らし再生プロジェクト 横浜住宅供給公社のまち(団地・マンション)再生 

エコリノベーション

住宅リフォームをご検討のみなさま、
「省エネ」「断熱」についても考えてみませんか?

みなさんは住宅のリフォームを検討される際に、どんな間取りに変えようかな?キッチンはどれにしようかな?思い浮かべられると思います。せっかくの機会ですので合わせて住宅の「省エネ」や「断熱」についても検討してみませんか?
 このページでは断熱リフォームを要件とした、「横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度のご案内をさせていただきます。リフォームの実績やリフォームされた方の声を聞いてみて「省エネ」や「断熱性」の重要性を知っていただければと思います。

いますぐエコリノベ補助制度についてご覧になりたい方はコチラ ※今年度は受付を終了いたしました

まずは、横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助制度で
断熱リフォームされた方の感想を見てみましょう。

お客様の声イメージ

なんで住宅の断熱が大切なの?

住宅の断熱イメージ

住宅は、冬に熱が逃げて、夏に熱が入ってきます。
これを断つのが「断熱」で、室外・室内の熱に移動を遮断することにより、冬は熱が逃げにくい暖かい家になり、夏は熱が入りにくい涼しい家になります。

矢印
住宅の断熱イメージ
資料提供:㈱LIXIL

しっかり断熱された家は、魔法瓶のような効果を発揮します。暖冷房の効きが良くなるため、冬の朝の冷え込みや足元のヒンヤリ感、夏の気温上昇も軽減。快適な室内環境が実現でき、省エネや健康にも繋がります。

ご存知でしたか?日本の住宅の断熱性能

【住宅ストック約5,000万戸の断熱性能】

グラフ画像
【出典】国土交通省 既存住宅ストックの現状について

住宅の省エネ性能には基準が存在するのをご存知でしょうか?

平成11年に定められた次世代省エネ基準と呼ばれる基準に満たない住宅の
割合は、日本の住宅の全体の約95%に上り、そのうち約4割は無断熱の基準の住宅になります。

つまり、日本の住宅は、断熱性能が低く、
暑さや寒さに弱い住宅が多いのが現状です。

室内の寒さと健康の影響って知ってましたか?

イギリス保健省 冬期の室温指針(英国保健省年次報告書 2013.3)
イギリス保険省冬季の室温指針
資料提供:YKK AP ㈱

イギリス保健省が制定した住宅における健康と安全の指針では、室内温度が18℃未満は
健康にリスクありとされています。室内温度を下げないようにするには、住宅の断熱性能を上げることが重要なポイントになります。

断熱リフォームのヒント!

に開口部より出入りする熱の割合
熱の流入割合 夏の冷房時
夏の暑さの約7割は、窓・ドア
などの開口部より流入します。
熱の流出割合 冬の暖房時
冬の寒さの約6割は、窓・ドア
などの開口部より流入します。
出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会 資料提供:㈱LIXIL

断熱改修は、開口部(窓・ガラス、ドア)の改修が効果的です。

窓の断熱改修ってどんなものがあるの?

  • 断熱性能の高いガラスに交換
    断熱性能の高いガラスに交換

    2枚の板ガラスを重ね、間に
    空気層を入れたペアガラス等の断熱性能の高いガラスへ交換

  • 内窓を設置
    内窓を設置
    資料提供:㈱LIXIL

    既存の窓の内側にもう一つ窓を設置することで、断熱性や
    気密性が向上します。

  • 断熱性能の高い窓に交換
    断熱性能の高い窓に交換
    資料提供:YKK AP㈱

    既存の窓ごと、断熱性能の高いガラスや枠が樹脂製で熱を伝えにくい窓に交換することで、
    断熱性が向上します。

ご存知でしたか?日本と世界の住宅の断熱性能の差

世界の窓の断熱基準
世界の窓の断熱基準
出典:[日本]住宅建材使用状況調査、日本サッシ協会(2016)[アメリカ]2010-11、EU2005)[中国]樹脂サッシ普及促進委員会(2000)

窓の断熱性能は、「熱貫流率」という指標で比較します。数値が小さいほど熱の出入りが少なく高性能となります。日本の窓の断熱基準は、世界と比べると低い状況です。

樹脂窓の普及率
樹脂窓の普及率
出典:[日本]平成29年住宅建材使用状況調査、日本サッシ協会(2017)[ドイツ]Interconnection Consulting(2016)[アメリカ]Home Innovation Research Labs(2013)[中国]樹脂サッシ普及促進委員会(2000)、YKK AP調べ

窓のフレームが樹脂である窓は、熱貫流率が低く高性能な窓になります。樹脂窓の普及率を世界と比べると、日本の普及率は低い状況です。

資料提供:YKK AP㈱
2019年度※今年度は受付を終了しました

横浜市省エネ住宅普及事業

既存住宅向け補助金
補助金額・補助要件等
補助種別 [1]一般改修住宅 [2]特定改修住宅
補助金額 工事毎の補助単価の合計額
(上限)40万円 (上限)80万円
補助件数 60件程度
補助要件 居室の窓を断熱改修する工事等 全ての開口部を断熱改修する工事等

省エネ改修等(次の①・②の両方の要件に満たすもの)

①居室1室以上の全窓の断熱改修工事を行うこと

②断熱改修工事の補助金額の合計が10万円以上であること※1
普及啓発活動への協力

※1.対象住宅の全窓の断熱工事を行っても、その補助金額の合計が10万円以上にならない場合はこの限りではない。

補助要件についてはこちらも参考にしてください。

実際のリフォームした事例をご紹介します。

事例① 集合住宅

一般改修住宅として家の一部の開口部をリフォームした事例
集合住宅間取り
  • リフォーム工事内容
    リフォーム工事内容

    その他HEMS設置工事、手すり取付工事

    工事費 ¥874,000 補助金額 ¥291,000 ※補助金額は、平成27年度の補助制度で算出した金額になります。
  • リフォーム前後の年間ガス使用量の変化
  • リフォーム前後の年間電気使用量の変化

事例② 戸建住宅

特定改修住宅として家のすべての開口部をリフォームした事例
戸建住宅間取り
  • リフォーム工事内容
    リフォーム工事内容

    その他HEMS設置工事、手すり取付工事

    工事費 ¥874,000 補助金額 ¥291,000 ※補助金額は、平成27年度の補助制度で算出した金額になります。
  • リフォーム前後の年間電気使用量の変化

断熱の大切さを体験できる施設

断熱性能の大切さや環境や健康に優しい住宅について、
体感して学んでみませんか
スマートウェルネス体感パビリオン

「見て・触れて・感じて・知る」をコンセプトに、「健康寿命」を延ばし、環境にも優しい「スマートウェルネス住宅」の仕組みについて、5つの要素を中心に実体験を通じて楽しく学べる施設です。ナイスグループ・横浜市
・慶應義塾大学、産官学の連携によって健康と環境に優しい家づくりについてみなさまに発信します。

「スマートウェルネス体感パビリオン」は2019年12月23日をもって閉館となりました。

スマートウェルネス体感パビリオン
詳しくはこちらのリンク先から
LIXIL快適暮らし体験 住まいStudio

住宅の断熱性能の違いによる冬の室内温度の感じ方、夏の強烈な陽射しの対処方法など、一年を通して快適な
暮らしを送るために必要なことを学んでいただける「体験型ショールーム」です。

LIXIL快適暮らし体験 住まいStudio
詳しくはこちらのリンク先から
YKK AP ショールーム(横浜)

ショールーム内において、窓の断熱性能の違いによる温度の感じ方の違いを実際に手を触れて感じることが
できます。

YKK AP ショールーム(横浜・新宿)
詳しくはこちらのリンク先から
過去のecoリノベーション
PAGE TOP